Return to site

読心術について

「読心術」という言葉を聞いたことがあると思います。

読んで字の如く、心を読む術、という意味ですね。

この読心術の基本は、まず顔と手の表情を読むことです。

相手の顔の筋肉がどのように動いているかで、ほぼ間違いなく相手の感情を読み取ることができます(意図的につくっている場合を除く)。

例えば「喜び」。

人は嬉しいとき、

①頭は後ろに倒れ、

②額は平らのまま、

③眼は下まぶたが上がり、目尻にしわができ、

④鼻は変化なく、

⑤ほほの筋肉は持ち上がり、

⑥口は後方に引かれ上唇に力が入り、

⑦下あごは垂れ下がり震える(笑い)。

という状態になります。

この①〜⑦までの表情を意図的につくってみてください。

なるほど、と思われるはずです。

ちなみに①〜⑦、それぞれ全く反対に表情筋を動かすと「嫌悪」になります。

大脳を額に平行に切り取ると、顔と手を動かす運動領域が、他の部分と比べてかけ離れて広いことがわかっています。

相手の心を知りたいときには、

相手の無意識から現れる、顔の表情と手の動きを観察するとよいでしょう。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly